サラリーマン大国日本で、世界で最も丁寧な言葉を使う国の一つである日本で、史上最も危険なバンドの一つであるハナタラシが誕生したことは想像できないだろう。ハナタラシは、日本の伝説的なアーティストでありパフォーマーでもあるヤマタカ・アイが生み出したバンドである。
多くの人はバンドのレコードを一つも挙げられないだろうが、パンクロックの歴史に少しでも興味があれば、彼らの伝説的な物語の断片を聞いたことがあるだろう。

 

フォーメーション

ハナタラシは1984年、ドイツのインダストリアル・ノイズ・グループ、Einstürzende Neubautenのライヴでステージ係をしていたヤマタカ・アイと田畑充が出会ったことから始まりました。バンドのフロントマンであり、ミュージシャンであり、ビジュアルアーティストであり、パフォーマーでもあるアイは、80年代初頭から90年代後半までのバンドとしての興味深いキャリアの中で、バンドのメインメンバーとしての地位を維持していた。
70年代半ばから80年代にかけて世界を席巻したパンクの波を受けて、日本でもパンクにインスパイアされたバンドが続々と誕生した。しかし、ニューヨークのガレージパンクとは異なり、彼らは、ロックンロールがどこまで過激になるかという点では、限界に挑戦したいと思っていた。

パンクからノイズミュージックへと移行していく中で、Ultra Bideや螺旋階段のような元々パンクだった日本のバンドは、HANATARASHのような後続のバンドのための基礎を作っていった。年月が経つにつれ、螺旋階段はノイズに特化したバンドとなり、「非常階段」と名前を変え、日本のノイズ・シーンはまさにその流れの中にあった。

Hijokaidan (live)

ノイズミュージックとは?

ノイズ・ミュージックとは、メロディーに基づいた音楽というよりも、表現力豊かなノイズを生み出すことに重点を置いたジャンルのことだ。音楽的な楽器や非音楽的な楽器を使用して、音楽とは何か、音楽とは何かという既成概念に挑戦するのがノイズシーンの始まりである。ノイズミュージックのパフォーマンスが一般的な自由なスタイルであることを考えると、ノイズを楽しむための最適な方法はライブで演奏されるのを見ることだと思う。

彼らの評判

結成に至るまでの数年間、Eyeと彼のメンバーは、史上最も危険なライブバンドの一つであるという評判を得ることになる。自分のネガティブな感情を吐き出すためにバンドを結成したEyeは、オーディエンスに衝撃を与え、絶望と不快感に満ちた雰囲気を作りたいと考えていた。

最も伝説的なライブ

バンドの過激なライブは瞬く間に伝説となった。死んだ猫をナタで真っ二つに切ったり、アイが客席にガラス板を投げつけたりと、ハナタラシのライヴで目の当たりにしたのは、ロシアン・ルーレットのゲームだった。アイが背中に丸ノコギリを縛り付けたときに、その丸ノコギリが外れて足を切断しそうになったときに、彼らのパフォーマンスは熱を帯びたのは間違いないだろう。1985年に東京のスーパーロフトで行われた公演では、観客が怪我をする可能性が高いという理由で、観客は権利放棄書にサインする必要があった。また、ある公演では会場内をブルドーザーで駆け抜けるシーンもあった。

HANATARASH bulldozer gig

予想されていたように、バンドがライブハウスでのパフォーマンスを禁止されるまでにそれほど時間はかかりませんでしたが、バンドが続けているうちに、ライブハウスでのパフォーマンスが禁止されるようになったが、バンドが続けていくうちに、90年代に入ってからは、破壊せずに演奏することを条件に制限が解除された。これはバンドが喜んで守っていたことであり、何か重大なことが起こる前にあと何回ライヴをしていたかは誰にもわからないからだろう。

HANATARASH – LIVE & INTERVIEW – EBISU GUILTY 1996 + LEGENDARY 30 SEC. RETURN GIG 1995

レガシーと今日

ノイズ、パンク、パフォーマンスアートという比較的知られていない世界に大胆不敵に飛び込んだことで、フロントマンの山塚アイはアンダーグラウンド・ミュージックのヒーローとしての評判を集めている。ハナタラシでの活動以来、彼は印象的な芸術的キャリアを続け、伝説的なサイコ・パンク・オルタナティブ・ロック集団であるBoredomsを結成しました。彼のキャリアの中で、ニルヴァーナやソニック・ユースを含む音楽界の大物たちのツアーに参加したりして交友関係を築いている。1986年に結成されたBoredomsは現在もツアーを行っているが、もし彼らのライブを見る機会があっても、手足を失う可能性はないので心配する必要はない。

BOREDOMS LIVE /Lucy in th Sky with Diamond Ring Tour 2009 Total Solar Eclipse 0720-0723 2009